ホーム > FX > スプレッド幅が狭い

スプレッド幅が狭い

「スプレッド」とは外為取引は通貨を売買の注文をして収益を生む投資です。

 

取引の値は、四六時中変化しています。

 

それが為替です。

 

インターネットでニュースをみているとドルやユーロのニュースが流れる場面があります。

 

たとえば、「現在のドルは80円50銭から52銭で取引されています」という風にです。

 

これは80円50銭から80円52銭の間で買ったり売ったりされているという事を意味するのではなく、ドルの買値が80円52銭、売値が80円50銭、であることを表しています。

 

別の表現をすると売買には買いと売りの価格が存在します。

 

売値のことをBID、買値のことをASKと表示しているFX会社もあります。

 

いつもは売値の方が買値よりも安価に設定されるものです。

 

私達が買値は高く、売値は安くなるのが普通です。

 

その差分をスプレッドといいFX会社の稼ぎのひとつとされています。

 

スプレッドの差はFX業者によって異なります。

 

スプレッドの差は利用者にとって出費になるので小さい取引業者をピックアップしたほうが得です。

 

ただ、同じFX業者でも局面によってはスプレッドの広さは拡大したり、縮小したりします。

 

もしいつもはドル円の通貨ペアで1銭のスプレッドの狭さであるとしてもマーケットの上げ下げが激しい場合には1銭よりも大きくなったりするのです。

 

という事で、スプレッド幅が狭いのと、変化しない事が大事です。

 

固定したスプレッドの差を表示するFX取引会社もいくつも存在しています。

 

実際に取引業者の取引画面でリアルな市場を見て確認しなければ見分けられないのですが不可欠な事です。

 

貴重な資金を投資してエントリーをするわけですから、注文の前に、興味を持ったFX会社の取引口座開設を全てして、示されているスプレッドをチェックしましょう。

 

同じ通貨でも、その時点の相場の変動率(ボラティリティ)によって通貨のスプレッドの広さは変わることがあります。

 

一般的には、インターバンク市場で取引量の多い、流動性の高い米ドル/円やユーロ/円、ユーロ/ドルではスプレッドの幅が小さくその他の通貨ではスプレッドの幅が広がるのが一般的です。

 


関連記事

  1. スプレッド幅が狭い

    「スプレッド」とは外為取引は通貨を売買の注文をして収益を生む投資です。 &nbs...

  2. テスト

    テスト記事です。...